げんせん投信公式Facebook

基準価額 基準価額

起業家精神を維持し続ける「リクルート」
“不”の解決を通じた新しい価値創造とは?

企業訪問
  • line
マーケティング担当 磯井理紗

ファンドマネージャーやアナリストは、日々企業の経営陣を訪問して取材を重ねています。
今回は、アナリストの佐藤が「リクルートホールディングス」を取材した様子を、マーケティング担当の磯井がレポートします。

「リクルートホールディングス」

当社は、世界No.1の求人サイトである“Indeed”や、“リクナビ”、“SUUMO”などの人材メディア・販促メディアを提供しているほか、人材派遣を手掛けています。

東京駅近くのリクルートホールディングスのオフィスを訪問し、IR推進室の牧田室長にお話をうかがいました。

げんせん投信では、財務情報などの「目に見える資産」だけではなく、企業の競争力の源泉である経営力・組織力などの「見えない資産」を重視しています。 まずは、「見えない資産」の中核である「組織資産」について、企業理念やビジョンが従業員に根付いているかを確認します。

リクルートホールディングスでは、「“不”の解決を通じた新しい価値創造」を企業理念とされていますが、企業理念を実践できたと感じられる代表的なエピソードを教えてください。

写真

リクルートホールディングス 牧田室長

牧田室長「当社は、人と企業の不満、不便、不安といった“不”を解消し、新しい価値を提供することを企業理念としています。その一例として、『スタディサプリ(旧:受験サプリ)』の取り組みがあげられます。スタディサプリとは、月額定額料金で優秀な講師による良質な講義動画を視聴することのできる、オンライン学習サービスです。
スタディサプリは、例えば『地方に住んでいて人気講師の授業が受けられない』『近くに予備校がない』『金銭的に塾に通うことが難しい』などといった、生活者目線の“不”を解消しようという発想から生まれました。インターネットに繋がる環境であればいつでも授業が受けられるこのサービスは、教育現場における地域間格差や所得格差による不公平を低減させ、新たな教育の場を作り出しました。
この背景には、機会の平等に至っていない“不”を解き、今までにない新たな価値を世の中に提供しようという発想があり、まさに当社の企業理念が実践された例だと思います。“不”の解決を通じて世の中にインパクトを与えたいという想いのもと、新たなビジネスとしてサービスを立ち上げることが出来ました。」

スタディサプリのような新しい価値を提供する源泉となる企業理念は、従業員各個人に常に存在しているものなのでしょうか。

牧田室長「存在しているからこそ、生活実感に基づいた目線から新たなサービスが生まれることが多いです。というのも、各従業員は、自分の目の前にいるお客さまに対して何かできるのでは、と常に考えながら動いています。
“日々対面・直面する企業(クライアント)や生活者(カスタマー)がどうしたら喜ぶだろうか、困っていることはないだろうか”といった、相手の“不”とは何かを日常的に考え、自分が周囲を動かし巻き込んで自分自身で解決するという行動が定着しています。ですので、当社の従業員は、企業理念を守るために行動しているのではなく、結果的に企業理念に共感した行動をとっているという方が正しいかもしれません。」

写真

左:牧田室長 右:アナリスト・佐藤

リクルートホールディングスは、グループ従業員数が4万人を超えます。各従業員の根底にある仕事への考え方が企業理念と通じているからこそ、企業規模が大きくても企業文化が根付いていることが良く分かりました。

続いて佐藤は、海外事業についても質問していきます。

国内事業のほか、2012年に買収した世界No.1の求人サイトを展開するIndeedなど、海外事業も高成長していますよね。

牧田室長「一般的な求人サイトは運営する会社によって掲載企業が異なるため、求職者は様々な求人サイトに登録することが多いのですが、Indeedは『アグリゲート型検索モデル』の求人サイトとして誕生しました。」
(※『アグリゲート型検索モデル』の求人サイト:求人の検索エンジン。各社求人サイト内の求人情報のほか、企業のWebサイトにある求人情報なども一括で検索できる仕組み。)

牧田室長「世界中にちらばった求人情報を集約しているIndeedを利用すれば、求職者は一度に求人を検索できます。Indeedは、2004年の創業時から、このようなカスタマー目線に立って情報を集約したサイトを実現してきました。当社は、このカスタマーに向き合う価値観に他の人材サービス企業との違いを感じて買収しましたが、Indeedは現在も成長を続けています。」

Indeedの会議室には、常に誰も座らない椅子が1脚置いてあるそうです。打合せをする時は、その椅子に求職者が座っていると思い、自分たちの判断は本当にカスタマー目線に立っているか、カスタマーに聞かれても恥ずかしくない結論なのかを考えながら、会議を行うということでした。
カスタマー目線で求人サイトの“不”を見つけ、アグリゲート型検索モデルの求人サイトを生み出したIndeedは、リクルートホールディングスの「“不”の解決を通じた新しい価値創造」という企業理念と通ずるところがあると感じました。

最後に、顧客資産について伺いました。

有力な顧客基盤を築くための取り組みについて教えてください。

牧田室長「一例ですが、クライアントの業界を盛り立てる取り組みを行っています。例えば、ゼクシィ。今までゼクシィは結婚が決まった人が読む雑誌でしたが、より裾野を広げるためこれから結婚する人を増やすための婚活サービスを開始しました。
またホットペッパービューティーでは、『ホットペッパービューティーアカデミー』という美容業界の調査・研究や、学びの場を提供する啓発活動を行っています。お互いに発展・成長し合いながら業界全体を盛り立てられるよう、常にクライアントに新しいアイディアやサービスの提案を行っています。」

そのような取り組みによって、顧客がリクルートホールディングスの企業理念や目指す姿に共感し、長期的な関係を築くことが出来るんですね。

牧田室長「費用対効果の高い、より良いサービス・商品を提供できることが当社の強みです。出来上がったものを真似するだけでは進化はありません。目の前にある問題を解決しながら、新たな提案と改善を重ねていくことで、絶え間なく進化し続ける、ということが何よりも大切な姿勢だと考えています。」

リクルートグループでは、新規事業プランを募集するコンテストを毎年開催しており、年間で約1000件の応募があります。この取り組みは、買収によって従業員数が多くなってもベンチャースピリットを忘れないようにすることを目的として、海外のグループ企業であるIndeedにも取り入れているそうです。
ミーティングを終えた佐藤は、企業規模が大きくなっても起業家精神の文化を維持し続けるリクルートホールディングスだからこそ、常に新たなサービスを世の中に提供し、成長し続けているのだと思うと話していました。

写真

左:牧田室長 右:アナリスト・佐藤

※上記は、当社が調査対象とする企業の一つをご紹介するものです。特定の銘柄を推奨するものではなく、また当該銘柄の組入れを保証するものではありません。写真はリクルートホールディングスより許諾を得たうえで掲載しています。

つぶやきのカテゴリを見る