げんせん投信公式Facebook

基準価額 基準価額

運用担当・伊藤が「教員の民間企業研修」でファンドマネージャーの業務を説明しました。

活動記録
  • line
マーケティング担当 林裕子

当社では、毎年、経済広報センターが主催する「教員の民間企業研修」に協力して、資産運用業務についてお伝えする研修会を行っています。

※小・中・高等学校などの教員が夏休み期間中に、民間企業で様々な研修を受けるプログラム

今年は東京都練馬区・東京都町田市の小中学校の先生方10名をお迎えし、資産運用業務や資産運用の必要性について研修を行うなか、運用担当・伊藤が「ファンドマネージャーの業務について」という1コマで講師を務めました。

写真

研修の様子

伊藤は、「投機は“確率”にお金を投じるものだが、投資は“価値”にお金を投じるもの。」と投資の本質を説明したうえで、

投資をする際は、企業の成長性や本質を見極め、お客さまからお預かりしている大切な資産を投資するのに相応しい企業であるかを、様々な視点から判断しています。

と、機関投資家としての投資スタンスや、投資の意義について説明しました。

説明の後、先生方には社内を見学していただき、株式や債券を運用している現場を実際にご覧いただきました。

写真

社内見学の様子

この研修でお伝えした「資産運用業務」や「資産運用の必要性」、「投資の意義」等が、先生方の参考になれば大変嬉しいです。

つぶやきのカテゴリを見る