げんせん投信公式Facebook

基準価額 基準価額
  • line

任天堂

銘柄コード 7974 

業種 その他製品

任天堂は娯楽産業の大手企業です。

当社の歴史は古く、1889年に山内房治郎氏が京都で任天堂骨牌を創業し、花札を製造したことから始まります。

現在の任天堂の礎を築いた中興の祖は、1949年に社長に就任した3代目の山内溥氏になります。山内溥社長の就任当初はそれまでの流れを継承し、かるたやトランプなどのプレイングカードを主力事業としていました。その後1960年頃から多角化経営に乗り出しますが、娯楽産業以外の分野においてはノウハウ不足により失敗を繰り返し、倒産の危機に直面したこともありました。

当社にとって大きな転機となったのは、1980年発売の携帯型ゲーム機の「ゲーム&ウオッチ」のヒットでした。そして1983年に業務用ゲームを家庭で遊べるようにした「ファミリーコンピュータ」を発売、これが空前の大ヒットとなり、「Nintendo」は世界中でビデオゲーム機の代名詞となりました。

当社の組織資産(企業文化、理念、ビジョン)は、様々なところから伺い知ることができますが、私は2013年頃からの業績の低迷期の間に理解を深めることができました。当時は新たに発表したゲーム機「WiiU」の売れ行きが不調となり、一方でゲーム業界では新たに台頭してきたスマートフォンゲームが市場を急拡大させていました。

こうした世の中の変化を受けて、多くの市場関係者からは当社の業績低迷を悲観視する声が聞かれていました。「自前のゲーム機とソフトウェアというビジネスモデルは終焉を迎えた」「なぜ任天堂はスマートフォンゲームを開発しないのか?」「豊富なIP(知的財産)を生かして他社ともっと協業するべき」など、かつて日本を代表するクリエイティブ企業とまで言われた当社に対する風当たりは日に日に強くなっていきました。

実のところ、当初は私もそのように考え始めていた一人でした。しかし、当社のIR担当者やゲーム業界に精通しているクリエイターや記者など、様々な人たちに周辺取材をするなかで、任天堂の「見えない資産(組織資産・人的資産・顧客資産)」と「経営トップ」に質的な変化が起きているようには思えなかったため、注視し続けていました。

経営陣の声が直接聞ける決算説明会の場においても、市場関係者とのやり取りは平行線のままでした。「スマートフォンゲームを開発しないのか?」というアナリストの問いに対して「研究はしているが、まだ私たちのなかで本当に子どもたちが安心して遊べるものであるという確信が持てていない」と4代目の社長である岩田社長は答えました。

「自前のゲーム機とソフトウェアというビジネスモデルは時代に合っていないのではないか?」という問いに対しては「まったくそうは思っていない。独自のハードとソフトがあるからこそ、私たちにしかできない新しい楽しさを提供できる」といったように、岩田社長はたとえ3期連続の営業赤字の最中にあろうとも「任天堂らしさを守る」ことの重要性を繰り返し述べていました。

私は次第に「任天堂は単にプロダクトサイクルの一つを失敗しただけであって、本質を理解していないのは自分たち投資家の方ではないだろうか」と思うようになっていきました。岩田社長が発する言葉は、安心した遊びや新しい体験を生み出し続けるという信念と、それを待ってくれている世界中の任天堂ファンに対して、何があっても誠実であり続けるという決意表明のように聞こえたからです。

現在、世界的なヒット製品となっている「Nintendo Switch」は、この時すでに「Project NX」というコードネームで開発が進められていました。もしも任天堂が短期の利益を優先した経営を行っていたとしたら、「任天堂らしさ」が失われ(組織資産の縮小)、従業員のモチベーションは下がり(人的資産の縮小)、やがてブランド価値を毀損し(顧客資産の縮小)、企業価値は縮小のスパイラルに陥ってしまったかもしれません。

経営の苦しい時にこそ、会社の本質が垣間見えるということがあると思います。岩田社長が山内社長から受け継ぎマネジメントしていたものは、当初私が考えていたような事業戦略や競争環境などといった領域よりも、ずっと深いところにあるものでした。

当ファンドでは、企業の競争力の源泉を見極めるために、「見えない資産」と経営トップを評価した「GENSENスコア」を重視しています。2014年10月に当ファンドのマザーファンドである「ニッセイ国内株式GENSENマザーファンド」を立ち上げた際に、私は任天堂の「GENSENスコア」に最も高い点数を付与し、トップウェイト銘柄として組入れを行いました。

「見えない資産」のアプローチがあったからこそ、いち早く任天堂の復活に確信を持つことができたと思っています。

Nintendo Switch

スーパーマリオ オデッセイ (C)2017 Nintendo

※写真は任天堂より許諾を得たうえで掲載しています。

株価・営業利益の推移

出所:ブルームバーグのデータをもとにニッセイアセットマネジメント作成
データ期間 株価(折れ線グラフ):2012年3月末~2018年2月末(月次)
営業利益(棒グラフ):2012年度~2016年度(年次)

※上記は、2018年2月末時点の組入銘柄の一つをご紹介するものです。特定の銘柄を推奨するものではなく、また今後の当該銘柄の組入れを保証するものではありません

基準日:2018年2月末

ご投資にあたっての留意点

当資料は、ファンドに関連する情報および運用状況等についてお伝えすることを目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものです。金融商品取引法等に基づく開示資料ではありません。また、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【投資信託に関する留意点】

  • 投資信託はリスクを含む商品です。運用実績は市場環境等により変動し、運用成果(損益)はすべて投資家の皆様のものとなります。元本および利回りが保証された商品ではありません。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資します(また、外国証券に投資するファンドには為替変動リスクもあります。)ので基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託は保険契約や金融機関の預金と異なり、保険契約者保護機構、預金保険の対象となりません。証券会社以外の金融機関で購入された投資信託は、投資者保護基金の支払い対象にはなりません。
  • ご購入の際には必ず投資信託説明書(交付目論見書)をお受け取りになり、内容をご確認の上ご自身でご判断ください。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しています。