げんせん投信公式Facebook

基準価額 基準価額
  • line

オリエンタルランド

銘柄コード 4661 

業種 サービス業

オリエンタルランドは東京ディズニーランド、東京ディズニーシー等を運営する国内最大のレジャー関連企業です。

東京ディズニーランドが開園したのは1983年4月のことですが、会社としてはその20年以上も前の1960年に設立されました。当社を設立した京成電鉄と三井不動産によって当時まとめられた「オリエンタルランド設立計画趣意書」には、「浦安沖の海面を埋め立て、一大レジャーランドの建設を行い、国民の文化・厚生・福祉に寄与する」ことが会社創設の目的として謳われており、当初から壮大な構想をもっていたことがわかります。

当社が設立された当初は、「ディズニーランド」を誘致するというプランは存在せず、「すばらしい人間とその世界」をメインテーマとしたオリジナルのテーマパークの建設が計画されていました。しかし、1970年に浦安地区の埋め立てという大事業が終わり、レジャー施設について調査を進めるなかで、「自分たちが具現化すべき構想の核となる施設はディズニーランドにおいてほかない」という結論に達し、米国のディズニー社に対する誘致活動に注力し始めます。

そして1974年にディズニー首脳の来日を実現させ、更に5年をかけて粘り強く交渉を続けた結果、1979年に基本契約の調印に至りました。私は米国株のアナリストをしていた頃に、ディズニー社を何度か取材をしたことがありますが、ウォルト・ディズニー氏より受け継いだ確固たる企業理念を持つ、妥協を許さない会社であるとの印象を受けました。このようなディズニー社に、当時電車も道路もなかった浦安の埋立地をディズニーランドの建設先として選んでもらうには、当社側の相当な熱意と情熱がなければ実現しなかったことだと思います。

その後も、巨額な建設資金の手当てや、従業員の募集・育成など、山積した課題を一つ一つ乗り越えながら、東京ディズニーランドの開園に向けて進んでいきました。私は、当時この大プロジェクトの陣頭指揮を取っていた髙橋社長が、開園の1年半前に全従業員に述べたというメッセージに、とても重要な情報が込められていると考えているため、以下に紹介させていただきます。

「私たちのやろうとしていることは、いわばサービス業です。この商売で一番大切なことは大衆の利益に合致すること、お客様に喜んでいただくことです。この気持ちがなければこの商売は決して成り立ちません。また、お金や施設さえあればできるというものでもありません。そのなかに魂が入っていなければダメです。人を動かすものは誠意であり、学識や弁舌ではありません。」

当ファンドでは、成長し続ける企業の中心には、組織資産(企業理念、情熱、ビジョン等)という「目に見えない資産」があると考えています。組織資産がなくとも、優れたモノやサービス、ビジネスモデル等があれば、一時的に成功を収めることはできるかもしれません。しかし、組織資産がなければ、優秀な人材の育成や会社を応援し続けてくれる顧客の獲得ができず、中長期的に大きく成長し続けることは難しいと考えています。

今日、当社はテーマパークの完成度の高さや、ホスピタリティー溢れるサービスレベルが業界のお手本となるような存在ですが、東京ディズニーランドが開園する前から経営トップがこのような視点で組織をマネジメントしていたという事実は、当ファンドにとって重要な情報であるといえます。当社のこれまでの成長は組織資産を軸とした成長であることが確認できるのと同時に、今後も成長が続く可能性が高いと考えられるためです。

東京ディズニーランドが30周年を迎えた2013年に、上西現社長に取材させて頂く機会がありました。私は上西社長が上述のような組織資産をマネジメントすることをどのように考えていらっしゃるのかを知るために、様々な質問を投げかけました。上西社長は「組織資産のマネジメントは私にとって最も重要な仕事です」と述べられ、ご自身が役目を果たせているかどうか、日々自問自答していることを教えて下さいました。

その日のミーティングで印象的だったのは、上西社長が感慨深そうに以下のように話されたことでした。
「私が1980年に入社した時、ここは雑草しか生えていないただの荒地でした。それが今では毎日お客様の笑顔で溢れるような場所になっていることを思うと、何と言うか、まるで夢のようなことだと思っています。」
上西社長の言葉には、受け継いだものの重さに対する責任感と、それを次世代へ伝える使命感に溢れているように感じられました。

当社は再び大きな設備投資を行い、夢の国の拡大を計画しています。物的資産などの「目に見える資産」を拡大させるなかで、当ファンドでは「目に見えない資産」も維持・拡大できているかどうか、対話を通じて確認しながら、成長を応援させていただきたいと思っています。

※上記はオリエンタルランドのロゴマークです。オリエンタルランドより許諾を得たうえで掲載しています。

株価・営業利益の推移

出所:ブルームバーグのデータをもとにニッセイアセットマネジメント作成
データ期間 株価(折れ線グラフ):2013年3月末~2018年4月末(月次)
営業利益(棒グラフ):2013年度~2017年度(年次)

※上記は、2018年4月末時点の組入銘柄の一つをご紹介するものです。
特定の銘柄を推奨するものではなく、また今後の当該銘柄の組入れを保証するものではありません。

基準日:2018年4月末

ご投資にあたっての留意点

当資料は、ファンドに関連する情報および運用状況等についてお伝えすることを目的として、ニッセイアセットマネジメントが作成したものです。金融商品取引法等に基づく開示資料ではありません。また、特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。

【投資信託に関する留意点】

  • 投資信託はリスクを含む商品です。運用実績は市場環境等により変動し、運用成果(損益)はすべて投資家の皆様のものとなります。元本および利回りが保証された商品ではありません。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資します(また、外国証券に投資するファンドには為替変動リスクもあります。)ので基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託は保険契約や金融機関の預金と異なり、保険契約者保護機構、預金保険の対象となりません。証券会社以外の金融機関で購入された投資信託は、投資者保護基金の支払い対象にはなりません。
  • ご購入の際には必ず投資信託説明書(交付目論見書)をお受け取りになり、内容をご確認の上ご自身でご判断ください。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しています。